一般歯科・小児歯科・顎関節症

一般歯科とは?

笑顔の女性と犬

多くの人が、一度は経験があるだろう歯の病気、むし歯。また成人の約8割が患者もしくは予備軍と言われる歯周病。一般歯科ではこの「むし歯」と「歯周病」の治療を行っています。

むし歯も歯周病も、初期段階ではなかなか自覚しにくく、また放置しても自然に治ることは決してない病気です。むし歯や歯周病に気づいたら、早めにご来院ください。

むし歯の原因と段階

むし歯は、お口の中のプラーク(細菌の塊)中の菌が出す酸によって歯が溶けてしまう病気です。歯が溶けた部分が小さければ治療は簡単に済みますが、歯が大きく溶かされるまで放置してしまうと、最終的には抜歯することになりかねません。何事も早めが肝心なのです。

むし歯の段階

C0:脱灰

C0:脱灰

初期のむし歯。まだ痛みはなく、白濁した部分が見られる。正しいブラッシングやフッ素塗布によって完治も可能。
C1:エナメル質のむし歯

C1:エナメル質のむし歯

歯の表面のエナメル質が溶かされた状態。痛みはまだない。むし歯の部分を削って、詰め物をする治療が必要。
C2:象牙質のむし歯

C2:象牙質のむし歯

エナメル質の内側の象牙質まで溶かされている状態。冷たいものや甘いものがしみる。むし歯の部分を削って、詰め物をする治療が必要。
C3:神経のむし歯

C3:神経のむし歯

象牙質の内側の歯の神経にまで進行したむし歯。常にズキズキと痛みを感じる。神経を除去し、被せ物をする治療が必要。
C4:歯根のむし歯

C4:歯根のむし歯

歯根まで進行したむし歯。膿が溜まり、多くの場合で抜歯が必要になる。抜歯後には、インプラントや入れ歯で機能を回復させる。

歯周病の原因と段階

歯周病の原因は、お口の中の歯周病菌です。これが歯周ポケットに入り込むことで炎症が広がり、歯ぐきや歯を支える骨を溶かして、最終的には歯が抜けてしまいます。むし歯と同じく、早めの治療で大切な歯を守りましょう。

歯周病の段階

1:歯肉炎

1:歯肉炎

初期の歯周病。歯ぐきが炎症を起こし、腫れ始める。ブラッシング時に出血する。
2:軽度歯周炎

2:軽度歯周炎

歯周ポケットにプラークが溜まり、歯周組織に炎症が起こる。ほうっておくとポケットの溝が深くなり、炎症が悪化する。

歯周ポケットの深さ:3~4mm程度

3:中等度歯周炎

3:中等度歯周炎

炎症が悪化し、歯ぐきだけでなく顎の骨も1/3以上破壊され、歯がグラグラし始める。

歯周ポケットの深さ:4~6mm程度

4:重度歯周炎

4:重度歯周炎

顎の骨が半分以上破壊された状態。歯ぐきが縮み、歯の付け根がむき出しになるため、歯が長くなったように見える。放置すると歯は抜け落ちてしまう。

歯周ポケットの深さ:6mm以上

「8020運動」のススメ

日本人が歯を失う原因の第1位は、むし歯ではなく歯周病です。逆に言えば、歯周病が予防できれば、ご自身の歯を守れる確率は高くなります。

「8020運動」とは、「80歳で20本の自分の歯を残す」ことを目指す運動です。歯科先進国であるノルウェーやスウェーデンでは、実際に80歳で平均20本の歯が残っているという事実に対し、日本では4~5本しか残らないと言われています。

国が違っても同じ人間、この目標が達成できないことはありません。「8020運動」にのっとり、ご自分の歯を少しでも長く生かす努力をしていきましょう!

8020運動への取り組み

8020運動への取り組み

越谷市では、80歳以上でご自分の歯が20本以上残っている方を、毎年5月に表彰しています。当院では患者様方が表彰を受けられるよう、万全のケアでお手伝いしています。健康な歯を保つことを、ひとつの「楽しみ」にしてみませんか?

小児歯科治療とは

当院の医師と子供

小児歯科では、乳歯が生え始めた頃からすべての歯が永久歯に生え替わるまでの期間のお子様の診療を行っています。

お子様の歯は大人の歯に比べて柔らかいためむし歯になりやすく、一度治療しても気を抜くとすぐに再発してしまいます。むし歯にかからないために、また再発をふせぐためには、定期検診やフッ素塗布、シーラントなどの予防措置が非常に大切です。永久歯が正しい位置に生えるための誘導措置なども有効です。

ご自宅でのケアと合わせ、お口から始まるお子様の健やかな成長を、共に導いてあげましょう。

フッ素塗布

歯質を強くする効果を持つフッ素を歯に塗布することで、むし歯の原因となる酸に強い歯にします。乳歯や生え替わったばかりの永久歯に特に効果的です。また、初期のむし歯であれば治すことも可能です。

シーラント

シーラント

お子様が6歳になる頃に生える奥歯「6歳臼歯」は、複雑な溝を持ちっているため食べカスが溜まりやすい上にブラッシングしにくいという特徴があります。この溝をあらかじめ歯科用プラスチック樹脂で埋めてしまうことで、成長段階のお子様の歯をむし歯から守ります。

顎関節症でお悩みの方

顎関節症でお悩みの方

「顎が痛い」「口が開かない」「顎がカクカク鳴る」……。これらは顎関節症の主な症状です。この症状を引き起こす原因は、咬み合わせの悪さ。不適切な力がかかることによって、顎がねじれてしまって起こるのです。

また「顎関節症」が引き起こす弊害も様々あります。咬み合わせの治療を行い、それらを防いでいきましょう。

顎関節症が引き起こす弊害

顎関節症は顎やお口まわりだけでなく、体にも弊害を引き起こします。身に覚えのある症状がある方は、お早めにご相談ください。

頭痛 顎のねじれから歯ぎしりや食いしばりが増え、側頭筋(咀しゃく筋のひとつ)に過度な負担がかかり、頭痛が引き起こされる。
肩こり 咬み合わせの悪さから背中の一番表側にある僧帽筋(背中の一番表側の筋肉)などの筋肉に負担がかかって起こる肩こり。場合によっては頚椎(けいつい)がずれてしまうことも。
耳の痛み、耳鳴り 食べ物を咬む時に、顎関節には非常に大きな力がかかるもの。歪んだ不適切な力がかかることで側頭骨にも伝達し、耳の痛みや耳鳴りが起きてしまう。
口が開かない 口を開ける時に、前に出ようとする下顎頭が、関節円板の下に入り込めなくなり、関節円板がずれてしまっている状態。口を開けて縦に指が2本以下しか入らない。

24H受付中WEB診療予約 日髙歯科医院